日経コンピュータ 2005/07/25号

ニュース&トレンド
オンデマンド型サービスでWindowsを代替 米セールスフォース・ドットコムがOS機能のASP開始

OSが持つ機能をインターネット上で提供する新サービスが登場した。CRM(顧客関係管理)関連ASP大手の米セールスフォース・ドットコムが7月に全世界同時に開始した「Multiforce」である。同社創業者のマーク・ベニオフ氏に、新サービスの狙いなどを聞いた。—Multiforceを提供する狙いは。 カスタマイズや新しいアプリケーションの開発を顧客自身が容易にできるようにするためだ。(26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1354文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 営業支援システム > CRM・SFA(顧客支援システム)*
【記事に登場する企業】
米セールスフォースドットコム社
update:19/09/24