日経コンピュータ 2005/07/25号

事業価値を高めるシステム企画の勘所
通常体制と特別PJ 取り組みの受け皿を決める

企業は常に膨大なシステム化の案件を抱えていて、立ち止まる時がない。事業計画と合わせた年度のシステム計画に、時々の課題に合わせた案件が加わる。しかもここに、新商品開発や事業統合などに伴う緊急プロジェクトも入ってくる。通常の情報システム体制によるシステム化と特別プロジェクトによる取り組み。それによって、システム企画のプロセスや勘どころが違ってくる。(228〜231ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4542文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
update:19/09/24