日経コミュニケーション 2005/08/01号

ニュース・ウォッチング 企業ネットワーク
BIGLOBEが新手法を投入 迷惑メール対策基盤が完成

 NECはインターネット接続サービス「BIGLOBE」における迷惑メール対策基盤「SMBA(Spam Mail Blocking Architecture)」の構築を終えた。7月中旬からは,新しい迷惑メール対策システム「SMBA−FC(Flow Control)」を投入。動的IPを使うユーザーを対象に実施し,8月初頭には全国展開を完了する。 SMBA−FCは,25番ポートを流れる通信の流量を制限するシステム。(77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:399文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > 迷惑メール*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
【記事に登場する企業】
NEC
update:19/09/26