日経レストラン 2005/09号

記者の目
牛丼店店長のクレーム客刺殺事件その軌跡と教訓
同じ不幸を繰り返さないために、悲劇から学ぶ

 2005年6月23日午前10時過ぎ、東京地方裁判所の第419号法廷で、岡田雄一裁判長は、元牛丼店店長の右近勝久被告に判決を言い渡した(検察側の求刑は懲役14年)。 事件は、元大手牛丼店チェーンの店長だった右近被告が、店に寄せられた度重なるクレームが原因で、東京都墨田区在住の介護士H氏(当時36歳)を昨年9月12日に刺殺したというものだ。それから3カ月後の12月。(12〜14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2993文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27