日経レストラン 2005/09号

特集1 1
五感に訴えると、これだけ違う!
きれいな空気、心地良いBGMで売り上げ10%増

 肉に不満があれば、積極的に生産者に意見を伝え、改善してもらう。塩は仕入れたものを自店でわざわざふるいにかけ、粒の大きさによって用途を使い分ける。ビールの理想的な注ぎ方を研究するうちに一晩で1ケースを空けてしまう〓〓。店主・和田利弘氏の一切妥協を許さないこの姿勢で「焼き鳥と言えばこの店」と評されているのが、東京・銀座の「バードランド」だ。(28〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6420文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1(26〜27ページ掲載)
お客を誘う心理テク20
特集1 1(28〜33ページ掲載)
五感に訴えると、これだけ違う!
特集1 2(34〜39ページ掲載)
素材 空間 高さは低め、温度は高めがマル
特集1 3(40〜43ページ掲載)
心理学者が人気店を現場で検証あの店が「何となくいい」と言われるワケ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27