日経レストラン 2005/09号

特集1 3
心理学者が人気店を現場で検証あの店が「何となくいい」と言われるワケ

 話題性のある新しい店が出来たと思ったら、2〜3年で姿を消してしまうことも珍しくない昨今。そんな中でも、新旧の入れ替わりが激しい東京のお洒落スポット、恵比寿にありながら、開業して5年目の今も、売り上げ増を続けているのが、ゼットンが経営する「舌呑(ZETTON ebisu)」だ。(40〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2979文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1(26〜27ページ掲載)
お客を誘う心理テク20
特集1 1(28〜33ページ掲載)
五感に訴えると、これだけ違う!
特集1 2(34〜39ページ掲載)
素材 空間 高さは低め、温度は高めがマル
特集1 3(40〜43ページ掲載)
心理学者が人気店を現場で検証あの店が「何となくいい」と言われるワケ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27