日経レストラン 2005/09号

情報キッチン 2
「フグ肝特区」構想産地の期待に反し、却下安全を提供する意味とは
食の安全・安心

 「フグは食べたし、命は惜しし」——。古くからこう言われているように、フグの肝はどうやら、“死んでもいいくらい”旨いらしい。 もちろん、危険な食べ物であることは周知の事実。フグの肝や卵巣には、通常テトロドトキシン(TTX)という猛毒の低分子物質が蓄積しており、ヒトはわずか2mgで死に至る。1gで500人が死んでしまうと言えば、その恐ろしさが分かるだろう。(73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2073文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 食の安全
医療・バイオ > 食品衛生 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食の安全
update:19/09/27