日経レストラン 2005/09号

永田雅乙の必勝販促術!
苦しい時期こそ頭を使え暑い夏向けの集客アイデア

 今年も暑いですね。飲食店にとっての夏は、ビヤホールなどの一部の業態を別にすると、1、2月と並んで苦しい時期。暑いし、お客様も少なくなるし、やる気も失せがちです。 ただ、そんな時期だからこそ、販促が大切。ちょっとしたアイデアでお客様を引き付け、お店とお客様を夏バテから救いましょう。(94〜95ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2408文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27