日経レストラン 2005/09号

新・何でも実験隊
高級品 普及品
ワカメとタコで食べ比べ

 明石のタイやタコ、城下ガレイ、越前ガニ、鳴門ワカメなど、その味の良さで古くから名を知られた高級魚介類は、近年、漁獲量の減少もあって、市場では常に高値で取引されている。一方で、養殖技術、冷凍技術の向上により、養殖もの、輸入ものの魚介類が豊富に流通するようになり、これらはリーズナブルな価格で手に入るようになってきた。(139〜143ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5520文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
update:19/09/27