日経レストラン 2005/09号

イチオシ食材
新顔ブランドも続々登場地鶏・銘柄鶏
絶滅した鶏を復元した「天草大王」から鳥インフルエンザ対策万全「近江しゃも」まで

消費者の嗜好と地域活性化の動きがあいまって、各地で地鶏、銘柄鶏の生産が活発化している。地鶏はJAS規格で在来種の血が半分以上、飼育期間80日以上というほか、飼育方法などが決められている。一方、銘柄鶏は品種、飼料、飼育方法、期間に独自の工夫を加えて差別化を図った鶏。個性的な持ち味を生かして、使い分けてみてはどうだろう。(152〜153ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3216文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 食の安全
医療・バイオ > 食品衛生 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食の安全
update:19/09/27