日経コンストラクション 2005/08/12号

プロジェクトだより 各地の現場から
世界自然遺産の知床に諮問機関が指摘 ダム88基の対策を作業部会で論議へ 

 7月10日から始まった国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第29回世界遺産委員会で,北海道の知床半島が世界自然遺産に登録されることが決まった。登録によって観光振興への期待が高まる一方で,サケの遡上(そじょう)を阻害するダムの対策など,解決すべき課題も改めて明示された。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:775文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > 環境・自然保護(建設・不動産)
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(建設・不動産)
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
update:19/09/26