日経情報ストラテジー 2005/10号

こんなときどうする? 個人情報保護質問箱
情報資産の棚卸しは どのように進めるべきか
今回の回答者 ● リコー 松本主計・CSR本部個人情報統括室参与 (松本氏が所属する個人情報統括室は、従業員数約7万5000人のリコーグループ全体の個人情報管理を統括・支援している)

個人情報の管理に際し、「自社の保有する個人情報を棚卸ししなさい」ということがよくいわれます。具体的にどのような手順で取り組めばよいのでしょうか。 個人情報保護法に対応するには、社内にある個人情報を棚卸しして、台帳を作成することが不可欠です。経済産業省が出した「ガイドライン」では、安全管理措置として「個人データ取扱台帳の整備」を求めています。(57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1368文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
update:19/09/24