日経コンストラクション 2005/09/09号

ニューズレター
道路公団の副総裁と理事を起訴

 日本道路公団が発注する鋼橋工事をめぐる談合事件で,東京高等検察庁は8月15日,公団副総裁の内田道雄容疑者を独占禁止法違反(不当な取引制限)と背任の罪で東京高等裁判所に起訴した。さらに同高検は8月19日,同様の罪で公団理事の金子恒夫容疑者を同高裁に起訴した。 両容疑者は7月25日と8月1日,独禁法違反のほう助の容疑で相次いで逮捕されていた。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:814文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > その他(建築トラブル)
【記事に登場する企業】
東京高等検察庁
日本道路公団
update:19/09/26