日経ドラッグインフォメーション 2005/09号

特集 スタチンを究める
スタチンを究める
薬剤師だから知っておきたい人気薬の深部

心臓病予防のエビデンスが確立し、今や国内での市場規模が3000億円を超える勢いのスタチン(HMG−CoA還元酵素阻害剤)。今年5月にクレストール(一般名:ロスバスタチン)が登場し、計6種類が出そろう一方、高齢者などでは横紋筋融解症のリスクが高いことが指摘されている。また、患者のコスト意識が高まる中、スタチンの後発品も広がり始めた。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:300文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 スタチンを究める(12ページ掲載)
スタチンを究める
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品
update:19/09/27