日経ドラッグインフォメーション 2005/09号

特集 スタチンを究める
Part 2
横紋筋融解症は危険因子に注目

スタチンによる骨格筋障害は、発現頻度は低いとされるが、処方量が膨大なだけに、現場の薬剤師が遭遇する機会は少なくない。特に、多剤併用の高齢者や腎障害の患者の場合は要注意だ。 病院に勤務する内科医の95%がスタチンを処方したことがあり、そのうち65%の医師がスタチンで副作用を起こした症例を経験していた──。(15〜18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4304文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
update:19/09/27