日経ドラッグインフォメーション 2005/09号

Report
 「代替調剤」認める処方せん 横浜の2病院が発行開始
一般名処方より導入容易だが、薬局の反応は冷ややか

 「患者が後発品を選ぶ機会をさらに広げるには、一般名だけでは限界がある」——。横浜市立大学附属病院(横浜市金沢区、623床)副薬剤部長の有山良一氏は、同病院が代替調剤を認める処方せんの発行を始めた背景についてこう話す。同病院では今年6月30日から一般名処方を始め、加えて7月上旬、代替調剤可の処方せん発行に踏み切った。(23〜26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4363文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
update:19/09/27