日経ドラッグインフォメーション 2005/09号

日経DIクイズ
薬剤性過敏症症候群を引き起こす薬剤とは
服薬指導

 薬剤性過敏症症候群(drug−induced hypersensitivity syndrome;DIHS)は、薬剤の服用開始後、遅発性に発症する重症薬疹である。発症時期は服用開始後2〜6週間が最も多いとされ、急速に拡大する紅斑のほか、リンパ節腫脹、発熱、白血球増多、肝機能障害などの全身症状を呈する。(39〜40ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2312文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
update:19/09/27