日経コミュニケーション 2005/09/15号

リポート
“メリハリ”狙う低価格ルーターが続々
速度競争は一段落,帯域制御や負荷分散など使い勝手を競う

小規模拠点にコスト・パフォーマンスの高い割安VPN(仮想閉域網)サービスを採用する“メリハリ・ネットワーク”を狙った,低価格のVPNルーターが相次いで登場している。帯域制御機能や,冗長化・負荷分散機能などを備える製品が多い。通信料が割安な分低くなる回線の安定性を補完する。 実売10万円を切る企業向けVPNルーターが続々登場している(表1)。(78〜79ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2022文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > ネットワーク機器・通信端末 > ルーター*
update:19/09/26