日経コミュニケーション 2005/09/15号

リポート
SoftEtherを担ぐソフトバンクの狙い
不透明なビジネスモデル,Yahoo! BBのARPU向上が本命か

ソフトバンクがVPN(仮想閉域網)ソフト「SoftEther」を活用し,ネット家電の分野に乗り出す。子会社のソフトバンク・テクノロジーは,法人向け商用版のSoftEther CAを販売する三菱マテリアルと共同で新会社を設立。通信事業者などを巻き込み,自宅のネット家電にどこからでも簡単・安全にアクセスできるインフラを構築する。 VPNソフトの代表的な存在となった「SoftEther」。(80〜81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2983文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 白物家電 > その他(白物家電)
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > VPNサービス*
【記事に登場する企業】
ソフトバンク
update:19/09/26