日経コンストラクション 2005/09/23号

市場展望 「必要な公共事業」の着眼点
景観保全
新潟県中越地震の本格復旧工事

 2005年春の雪解け以降,本格復旧工事が急ピッチで進んでいる新潟県中越地方。インフラを整備する際に景観にも配慮を施すなど,幅広い視点で被災前の環境を取り戻そうとしている点が特徴だ。景観の保全を意識しなければならない地域で同様の災害が発生したときに参考となる手法といえる。(55〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3501文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:19/09/26