日経コンストラクション 2005/09/23号

市場展望 「必要な公共事業」の着眼点
2006年度概算要求のポイント
重点配分と成果重視の方針が鮮明に 河川・海岸分野が水害対策で増額

 国土交通省が2005年8月末にまとめた2006年度予算の概算要求は,「防災・減災対策」,「国際競争力の強化」,「公共交通の安全の確保」などを重点課題として列挙。これらに予算を集中配分した。 要求総額は,一般会計が7兆5488億円で,2005年度に比べて15%増加した。このうち公共投資は12%増の6兆5888億円。事業費ベースでは1%増の17兆1410億円だ。(66〜68ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3136文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
政治・経済・社会 > 国内財政 > その他(国内財政)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
【記事に登場する企業】
国土交通省
update:19/09/26