日経コンストラクション 2005/09/23号

これから始まるアセットマネジメント 第2回
第2回 青森県の橋(1) 仕組みと組織の作り方 細かい点検や補修で1000億円削減

橋のアセットマネジメントで先行しているのが青森県だ。2004年度にシステム作りに着手し,すでに点検データベースなどを整備した。点検や劣化予測,補修などの対策を橋の部材や環境に応じて細かく行い,LCC(ライフサイクルコスト)の最小化を目指す。県の試算によれば,今後50年間で,橋の維持管理や補修にかかる費用を約1000億円,削減できる見通しだ。(69〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3228文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:19/09/26