日経コンストラクション 2005/09/23号

地方から始まる公共事業改革 京都府
京都府 [緑の公共事業] 治山ダムなどの建設で間伐材を活用

京都府が「緑の公共事業」と名付けた森林整備プロジェクトに取り組み始めたのは2002年度。間伐材や地元産木材の利用促進,住民ボランティアを巻き込んだ里山再生といった様々な事業で構成するプロジェクトだ。 間伐材の利用促進では,府が実施する公共工事での活用に力を入れている。その一例が,堤体にスギの間伐材を用いた治山ダムの建設だ。(72〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2165文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:19/09/26