日経ビズテック 2005/10/26号

連載コラム 映画はMOTだ
『誰がために』の巻 MOT的な新人監督のきらめく映画

 私は多くの試写会に足を運ぶ。何より今まで見たこともない良い映画や監督に出会えるからである。今回紹介する「誰たがために」は、まさにそれだった。 映画監督や業界関係者と仕事をするようになってわかったことは、映画製作と製造業のビジネスは極めてよく似ているということである。どちらをうまく進めるにしても、MOT的な考え方が欠かせない。(96ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2108文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > テレビ番組・映画・演劇
update:19/09/24