日経ビズテック 2005/10/26号

特集2 実例編2
鮮度にこだわる製品管理で 食品ビジネスの「常識」を変える
文◎藤岡健二 カルビー取締役副社長兼CMO

 カルビーが広島市で創業したのは、太平洋戦争の傷跡がまだ残る一九四九年のことである。初代社長の松尾孝(故人)が家業の菓子屋を株式会社にしたのが始まりだ。当時は水あめやキャラメルを製造して販売していた。 現在の主力であるスナック菓子を手掛けるきっかけとなったのは、五五年に発売した「かっぱあられ」だ。(143〜145ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3709文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 序論(126〜127ページ掲載)
「広島らしくない」企業が メジャーにのし上がる
特集2 実例編1トビラ(128ページ掲載)
「軍都」から羽ばたいた 世界企業
特集2 実例編1(129〜135ページ掲載)
「ロータリーのマツダ」を創った 親子二代の開拓者精神
特集2 実例編1(136〜138ページ掲載)
「マツダ」流の生産管理と販促で 競技用ボールのトップメーカーに
特集2 実例編1(139〜141ページ掲載)
技術者の世代交代を促し 転身を繰り返す
特集2 実例編2トビラ(142ページ掲載)
マーケティング王国で生まれた 既存ビジネスの破壊者
特集2 実例編2(143〜145ページ掲載)
鮮度にこだわる製品管理で 食品ビジネスの「常識」を変える
特集2 実例編2(146〜149ページ掲載)
パン屋を根底から変えた 飽くなき挑戦者
特集2 実例編3トビラ(150ページ掲載)
構造不況をバネに 成長する『備後』企業
特集2 実例編3(151〜153ページ掲載)
「競争」を避けて初めて 先発メーカーを追い抜き首位に立つ
特集2 実例編3(154〜155ページ掲載)
卓越した商品開発力で 世界のジーンズブランドを魅了
特集2 解説総論(156〜163ページ掲載)
独創企業を輩出してきた 「広島の秘密」を解き明かす
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
カルビー
update:19/09/24