日経情報ストラテジー 2005/11号

主張するCIO 佐川急便 近藤宣晃氏
10億個の配送支える70億のIT投資 新技術の積極採用でCS向上狙う
近藤 宣晃 佐川急便 [常務取締役 営業本部副本部長 関連事業本部長]

—佐川急便といえば、青いストライプの制服を着たセールスドライバー(以下SD)が有名です。近藤さんも現場を担当していたことがありますか。 入社して約5年間、呉服屋の多い京都の繁華街を担当していました。当時の佐川急便は京都佐川など都道府県ごとに別の企業の集合体でした。それがいわゆる東京問題(1992年に発生した東京佐川急便事件)で統合しました。(13〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4205文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
佐川急便
update:19/09/24