日経情報ストラテジー 2005/11号

特集1 もはや日産自動車だけではない CFTを極
CFTを極める

 日産自動車、三菱自動車工業、am/pmジャパン—。これらの企業には共通点がある。企業再建を果たすために、クロス・ファンクショナル・チーム(CFT)を結成したのだ。 CFTは経営課題を部門横断型のプロジェクトチームを作って解決する手法。例えば営業面の経営課題を解くために、営業、宣伝、生産、情報システム、人事など機能の異なる複数の部門から人材を集める。(29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1039文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 もはや日産自動車だけではない CFTを極(29ページ掲載)
CFTを極める
特集1 もはや日産自動車だけではない CFTを極 企業再建編 ケース(30〜32ページ掲載)
CFTで再建狙う三菱自動車 日産自動車の再来なるか?
特集1 もはや日産自動車だけではない CFTを極 企業再建編 ノウハウ(33〜35ページ掲載)
経営トップの支援が欠かせない 実行責任と結果責任は分けよ
特集1 もはや日産自動車だけではない CFTを極 企業再建編 提言(36ページ掲載)
2005年度版「CFTの誤謬」 CFTには10の誤解がある
特集1 もはや日産自動車だけではない CFTを極 人材育成編 ケース(37〜38ページ掲載)
am/pm全社員が自立型に レックス流の顧客本位へ変身
特集1 もはや日産自動車だけではない CFTを極 人材育成編 ノウハウ(39〜41ページ掲載)
会社底上げか幹部候補か 人材育成対象を明確にせよ
特集1 もはや日産自動車だけではない CFTを極 人材育成編 応用(42〜43ページ掲載)
シックスシグマは究極のCFT!? GEグループの組織体制に学ぶ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24