日経情報ストラテジー 2005/11号

特集2 3年で利益率4倍に大復活 ライトオンの「 機会損失低減
在庫管理の妙技で5割の粗利取る
機会損失低減

 販売力の強化と同時並行で取り組んできたのが在庫管理の精度向上だ。2003年に店舗への商品供給方式を一新、販売機会損失の低減と在庫削減の一挙両得で売上高総利益率(粗利益率)を大きく改善した。2002年8月期に40.5%だった売上高総利益率は2005年8月中間期で46.5%と6ポイントも上がっている。(62〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4038文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 3年で利益率4倍に大復活 ライトオンの「(56〜57ページ掲載)
ライトオンの 「売れる仕組み」
特集2 3年で利益率4倍に大復活 ライトオンの「 販売力強化(58〜61ページ掲載)
400人の達人筆頭に売りまくる
特集2 3年で利益率4倍に大復活 ライトオンの「 機会損失低減(62〜65ページ掲載)
在庫管理の妙技で5割の粗利取る
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
【記事に登場する企業】
ライトオン
update:19/09/24