日経ドラッグインフォメーション 2005/10号

薬局のための法律講座
処方せんの廃棄と 個人情報
漫画 谷口 敬 原案  日経ドラッグインフォメーション編集部

 本事例は、処方せんの廃棄を命じられた薬剤師が、その一部を手で破り、ゴミとして捨てたところ、その処方せんを拾得した第三者に内容が知れるところとなったという事例である。この場合、薬局や薬剤師の法的な責任をどのように考えればよいだろうか。 薬局開設者には、調剤済みとなった処方せんを3年間保存する義務が課せられている(薬剤師法第27条)。(42〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2268文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
update:19/09/27