日経レストラン 2005/11号

イチローに学ぶプロの仕事の哲学
夢ではなく、可能性を追う
料理評論家山本 益博

 料理というのは、頭で考えたことを手で表現する職人仕事である。頭脳がいくら明晰でも手が器用でなければ、イメージした料理を具現化できないし、また手先がいかに器用に動こうとも、頭脳が存分に働かなければ美味しい料理は生まれない。 この頭と手の連携プレーによる職人仕事は、なにも料理に限ったことではなく、職人は調理場以外、舞台にもスタジアムにもいる。(5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:962文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
update:19/09/27