日経レストラン 2005/11号

記者の目
開業・再生支援ビジネスが続々登場資金難、ノウハウ不足を企業がサポート
個店でも活用でき、利用を検討する価値あり 米田 勝一=文

 新陳代謝の激しい市場環境を背景に、中古の居抜き店舗を活用した飲食店の開業支援ビジネスに乗り出す企業が、相次いで登場している。 出店者側の最大のメリットは、イニシャルコストを抑えられること。開業資金が不足している開業希望者や、スピーディーな店舗展開を図りたい企業やオーナーにとっては、利用を検討する価値は十分にありそうだ。(24〜26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3531文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
update:19/09/27