日経レストラン 2005/11号

永田雅乙の必勝販促術!
忘年会客をゲットせよ外回り営業で予約を取る!

 秋を迎えてようやく涼しくなってきましたが、飲食店にとってはこれからの2カ月が1年の中で最も大切な時期。忘年会客獲得に向けての、種まきのシーズンを迎えるからです。忘年会向けの販促戦略を立てる上で、まず確認しておかねばならないのは、その目的。通常は、2005年末の売り上げの増加、2006年を見据えたリピーター作り、の2つでしょう。(90〜91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2310文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27