日経レストラン 2005/11号

イチオシ食材
手間ヒマかけただけのことはあるブランド卵
“コク旨”系からあっさり味まで卵が苦手な人に好評のものも

卵はあらゆる業態の飲食店で使用される食材。近年は、産卵する鶏の品種だけでなく、飼育方法から飼料に至るまで、様々な工夫を凝らした「ブランド卵」を生産する養鶏場が増えている。今回は、希少価値の高い地鶏卵、整った環境の中で自由に運動させて育てた平飼いの鶏の卵、漢方を配合した高級飼料で育てた鶏の卵など、生産者が工夫を凝らして生み出した卵を紹介する。(150〜151ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3233文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
update:19/09/27