日経コンストラクション 2005/10/14号

技術フラッシュ ロボット
防滴仕様の人間型ロボット

 川田工業と独立行政法人産業技術総合研究所,川崎重工業は共同で,人間が生活する環境下で稼働する人間型ロボットの試作機「HRP−3P」を開発した。湿度の高いトンネル内で重機を操作するなどの使い方を想定している。 身長は160cm,体重はバッテリーを含めて65kg。走行速度は最大で時速2km。腕や頭部,脚,腰などに合計36カ所の関節を持ち,人間に近い動きができる。(27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:576文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > その他デジタル玩具 > ロボット(玩具)
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > ロボット(玩具)
【記事に登場する企業】
川崎重工業
川田工業
産業技術総合研究所
update:19/09/26