日経コンストラクション 2005/10/14号

特集 公共事業の本当の値段
下水道管の敷設工事
自社施工でないと利益を上げにくい

 規模や施工体制が異なる4社に見積もってもらった結果,3社が発注者の設計金額2284万円を上回った。 各社の工事価格はD社が2525万円,E社が2654万円,F社が3215万円,G社が2177万円(会社概要は右下の図参照)。最も高いF社は設計金額の141%,最も低いG社は同95%とばらついた。 ばらつきの一因は,住宅地の下水道工事では不確定な要素が多いから。(46〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2236文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 公共事業の本当の値段(36〜37ページ掲載)
公共事業の本当の値段
特集 公共事業の本当の値段(38〜41ページ掲載)
談合事件で問われる予定価格
特集 公共事業の本当の値段(42〜45ページ掲載)
工事と設計の価格を試算
特集 公共事業の本当の値段(46〜49ページ掲載)
下水道管の敷設工事
特集 公共事業の本当の値段(50〜52ページ掲載)
道路の詳細設計
特集 公共事業の本当の値段(53〜57ページ掲載)
実勢に近づく予定価格
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
update:19/09/26