日経コンストラクション 2005/10/14号

特集 公共事業の本当の値段
実勢に近づく予定価格
多様になる「価格のつくり方」

発注者が決めた予定価格と受注者が無理なく工事や設計を実施できる価格との間にはかい離がある。予定価格を実勢価格に近づけようと,見積もりを取って予定価格を決める方式や,受発注者間の取引実績を積算に反映する方式など,予定価格のつくり方が多様になってきた。こうした動きが広がれば,公共事業の「本当の値段」がみえてくるだろう。(53〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7211文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 公共事業の本当の値段(36〜37ページ掲載)
公共事業の本当の値段
特集 公共事業の本当の値段(38〜41ページ掲載)
談合事件で問われる予定価格
特集 公共事業の本当の値段(42〜45ページ掲載)
工事と設計の価格を試算
特集 公共事業の本当の値段(46〜49ページ掲載)
下水道管の敷設工事
特集 公共事業の本当の値段(50〜52ページ掲載)
道路の詳細設計
特集 公共事業の本当の値段(53〜57ページ掲載)
実勢に近づく予定価格
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
update:19/09/26