日経コミュニケーション 2005/10/15号

一刀両断
コンサルティングは不要なのか 事業者の営業戦略は中途半端
編集長  宮嵜  清志

 「ソリューション営業」。この言葉はいまや,すべての通信事業者に共通する合言葉になった。顧客が抱える様々な課題に対し,自社のサービスを活用することで解決策を提示しましょうという意味だ。自社だけでなく,提携パートナの商品を組み合わせる場合もある。 回線やサービスを組み合わせて特定の課題に対処する手法をとれば,1件当たりの商談規模が大きくなる。(37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1086文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)*
update:19/09/26