日経コミュニケーション 2005/10/15号

リポート1
携帯電話参入候補を支える米投資会社
IPモバイルはメディア大手,イー・アクには投資銀行が出資

総務省は9月30日,携帯電話の新規参入募集を締め切った。最終的に申請したのは3事業者。一足早く総務省に書類を提出したソフトバンクに続き,イー・アクセスとアイピーモバイルが周波数の割り当てを申請した。米国の大手企業が両社への出資に名乗りを上げており,財務面で後方支援する。 アイピーモバイルは締め切り日の9月30日,2GHz帯での携帯電話参入を申請した(写真1)。(51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1490文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 投資・経費
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > その他(携帯電話・PHSサービス)*
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > その他(携帯電話・PHSサービス)*
【記事に登場する企業】
アイピーモバイル
イー・アクセス
米ゴールドマン・サックス社
米リバティ・グローバル社
update:19/09/26