日経ドラッグインフォメーション 2005/11号 別冊

医師が語る 処方せんの裏側
「いぼ」の治療に H2ブロッカーを処方

 皮膚科を受診したのに、抗潰瘍剤だけが処方されていることに違和感を覚えるのではないだろうか。実はタガメット(一般名:シメチジン)を処方された大野真弓さん(仮名、20歳)は、10年前から顔面や腕、手の甲に「いぼ」が多発していた。大野さんのいぼの原因は、ヒト乳頭腫ウイルス(human papillomavirus:HPV)の感染だった。(8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:872文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
update:19/09/27