日経コンストラクション 2005/11/11号

技術フラッシュ 河川
流域内の雨量データを基に 上流から河口までの土砂の移動を予測

 日本建設コンサルタント(本社,東京都港区)は,立命館大学理工学部の江頭進治教授の指導を受けて,「流域土砂動態解析システム」を開発した。河川の流域では降雨によって,河床が掘削される部分と土砂がたい積する部分が生じる。こうした土砂の移動を予測するシステムだ。 予測に必要な最低限のデータは,流域内の観測雨量と流域の地形図,河床を構成する材料の粒径などの資料。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:637文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
日本建設コンサルタント
update:19/09/26