日経コンストラクション 2005/11/11号

ニューズレター
新幹線トンネルの耐震対策を具体化 店舗や倉庫などがある高架橋も改修 

 国土交通省は10月19日に開催した第6回新幹線脱線対策協議会で,中越地震を踏まえて3月にまとめた新幹線施設の耐震対策の進み具合を確認した。土木構造物で対象となったのは,山岳トンネルと高架橋。 中越地震では上越新幹線の魚沼トンネルや妙見トンネルなど複数の山岳トンネルで路盤が隆起するなどの被害が生じた。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:935文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
【記事に登場する企業】
国土交通省
update:19/09/26