日経コンストラクション 2005/11/11号

ズームアップ 真賀地区緊急治山工事(岡山県)
真賀地区緊急治山工事(岡山県) 220m上でモルタルを吹き付け
法面

国道沿いの土砂崩れ復旧工事で,現場に設置したプラントから220mも上の地点でモルタルを吹き付けている。吹き付け地点の近くまで細骨材とセメントミルクとを別々に運ぶ独自開発の機械を使うことによって,従来のモルタル吹き付け工法では不可能だった長距離・高揚程の圧送を可能にした。 現場は,岡山県真庭市の国道313号沿いで,2004年10月の台風23号で土砂崩れが発生した個所。(26〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3472文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
update:19/09/26