日経コンストラクション 2005/11/11号

特集 技能伝承待ったなし
若いうちにたたき込む

20歳代や30歳代の若手に白羽の矢を立てて,技能者として必要なスキルを伝えようとする動きもある。ベテランの指導の下,若手の技能習得を図っている。 日本道路は2001年,舗装工事で使う重機操作の技能を若い社員に伝授する取り組みを始めた。同社は建設機械の手配や管理,整備などを手掛ける30歳代前半までの若手技術者10人を選抜。(42〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3053文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 技能伝承待ったなし(34〜35ページ掲載)
特集 技能伝承待ったなし
特集 技能伝承待ったなし(36〜37ページ掲載)
迫り来る技能喪失の危機
特集 技能伝承待ったなし(38〜41ページ掲載)
次の世代に託す取り組み
特集 技能伝承待ったなし(42〜44ページ掲載)
若いうちにたたき込む
特集 技能伝承待ったなし(45〜47ページ掲載)
下請けの技能者と共に鍛える
特集 技能伝承待ったなし(48〜51ページ掲載)
伝承が「会社存続」のカギに
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
日本道路
update:19/09/26