日経コンストラクション 2005/11/11号

新刊・近刊
新刊・近刊

清水建設で約20年間,海外工事に携わってきた著者が,海外工事のクレーム事例を解説している。事例は(財)エンジニアリング振興協会がとりまとめた。海外での契約や慣習などに不慣れな日本の会社が,本来は責任を負う必要がないクレームにも安易に妥協している。こうした現状を指摘し,現地調査の不備,契約約款や設計図書類の不十分な精査などの問題にも言及。(86ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1220文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
update:19/09/26