日経コミュニケーション 2005/11/15号

特集1 NTT光ファイバ
総務省が仕掛ける NTT光ファイバ 料金見直しの真意
特集1

総務省がNTTの加入者系光ファイバで大きな政策転換を図ろうとしている。貸し出し義務や2001年に決めた料金の見直しに着手。光ファイバの貸し出し料金が値上げされる可能性も見えている。そこには通信インフラの光化・IP化にまい進する総務省の意図が垣間見える。(32〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7489文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 NTT光ファイバ(32〜37ページ掲載)
総務省が仕掛ける NTT光ファイバ 料金見直しの真意
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(有線ブロードバンド) > 光回線接続サービス*
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ > 光回線接続サービス*
【記事に登場する企業】
NTT
NTT西日本
NTT東日本
総務省
update:19/09/26