日経コミュニケーション 2005/11/15号

リポート1 スクープ
手続き前進,割り当て遠のく無線「050」
電波干渉避けられず,プロバイダの申請は困難に

無線IP電話での「050」番号利用が一歩近づいた。音声データなどを優先制御できる「IEEE 802.11e」が標準規格として承認されたからだ。ただし一方で電波干渉への対応を条件に加える動きが浮上。公衆無線LANサービスの提供事業者以外は無線IP電話の050番号申請が難しくなりそうだ。(43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1506文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向け無線インターネット接続サービス > その他(個人向け無線インターネット接続サービス)*
インターネットサービス > ネット利用の電話機能 > IP電話サービス*
通信・ネットワーク・放送 > 固定電話サービス > IP電話サービス*
通信・ネットワーク・放送 > 法令・政策(通信・ネットワーク・放送) > 通信・ネットワーク・放送関連の法令・政策
ビズボードスペシャル > 法令 > 通信・ネットワーク・放送関連の法令・政策
update:19/09/26