日経コミュニケーション 2005/11/25号 別冊

セキュリティの今を読み解く10のキーワー Wiフィッシング 最新攻撃手法
狙われる公衆無線LANサービス

 公衆無線LANサービスが身近な存在になってきた。NTT東西地域会社やNTTコミュニケーションズといった既存事業者に加え,ライブドアやYOZANが新規に参入。各社がアクセス・ポイント(AP)の増強を進めている。空港や駅,ホテル,喫茶店,ファーストフード店などでAPを目にする機会も増えた。 しかし,その一方で,無線LANに新たなセキュリティの脅威が出てきた。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5658文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向け無線インターネット接続サービス > 公衆無線LANサービス*
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > ネット詐欺*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
update:19/09/26