日経コミュニケーション 2005/11/25号 別冊

セキュリティの今を読み解く10のキーワー フィッシング 最新攻撃手法
本物サイトとの見分けが鍵握る

 大手の金融機関や商用サイトになりすまし,口座番号や暗証番号,クレジットカード番号などの個人情報をだまし取る「フィッシング」(phishing)。米国では被害が相次いでおり,社会問題化している。フィッシング対策の業界団体「APWG」(Anti−Phishing Working Group)によると,2005年8月に報告されたフィッシングの件数は1万3776件(図1)。(34〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4964文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > ネット詐欺*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
update:19/09/26