日経コミュニケーション 2005/11/25号 別冊

セキュリティの今を読み解く10のキーワー 携帯電話のセキュリティ 企業ネットを守る
遠隔からのデータ削除などで強化

 警察庁は2005年5月に,約71万件の拾得物があり,その中に2万8000件の携帯電話が含まれていたと公表している。携帯電話を遺失した人への返還率は約75%。落とし物となった携帯電話の4台に1台は持ち主に戻っていないことになる。 企業にとっては,落とした携帯電話機に登録している情報が大きな問題になる。(62〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4827文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
update:19/09/26