日経コンピュータ 2005/12/12号

特集2
企業向け検索ソフトが情報活用の切り札に

IT化の進展につれ、企業が管理する情報は爆発的に増えている。その一方で、あふれる情報に手を焼く企業も多い。情報の共有はおろか、必要な情報を短時間で見つけ出すことすら難しくなっている。この問題を解決する切り札として、企業向け検索ソフトに注目が集まっている。ベンダー各社も新製品を続々と出荷。(58〜64ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6466文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 激震 通信業界(40〜43ページ掲載)
激震 通信業界 新しい勢力図がもたらすインパクト
特集1 激震 通信業界(44〜49ページ掲載)
独占が進む法人市場 組織改編でダントツ1位に躍り出るNTT
特集1 激震 通信業界(50〜53ページ掲載)
NTTに挑むKDDI 好調の携帯を軸に法人を攻める
特集2(58〜64ページ掲載)
企業向け検索ソフトが情報活用の切り札に
関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24